転職先で即戦力になるためには?

求人広告や説明会、人事担当者の声を見ていると「即戦力を求む」という言葉をよく目にします。実際に中途採用の場合、実務経験や能力から即戦力になるかという目線で評価されるでしょう。しかし、なかなか即戦力になるのは難しいと思います。今回は転職先で即戦力として活躍するためにすべきことをご紹介します。

異分野の考え方

もし転職先がこれまでと異業種の企業ならば即戦力として評価されるのは難しいでしょう。しかし、実務経験がなくても以下の点をアピールすれば即戦力として評価されるかもしれません。 ・異分野からの視点で自分が貢献できることをアピールする ・最低限の技術や知識を持つことをアピールする 企業は常に新しい考えを必要としています。逆にいえば同業種からの転職を考えている人も自分の考え方や個性をアピールしたほうが企業に評価されるかもしれません。

資格と実績

また、転職先でのスキルアップや即戦力をアピールするために有効なのが資格です。転職先でどれだけ即戦力として活躍できるかを客観的に示すことができます。自分の実務経験や転職先の仕事内容に合った資格を計画的に取得しましょう。

コミュニケーション能力

実績や能力だけでは即戦力とは言えません。チームで仕事を進めていくうえでコミュニケーション能力は必要不可欠です。転職先で即戦力になるためには会社の人とすぐ打ち解け、友好な関係を築く必要があります。自分から積極的にコミュニケーションを取り、すぐに社員と打ち解けましょう。

自己分析と企業研究

自分にあった転職先を探すためには自己分析と企業研究が重要です。以下の4つのステップをふみながら進めていきましょう。 1.自分の能力・適正 これまでの経験から自分が得意なこと、苦手なことを考えてみましょう。自分でわからなければ他の人に尋ねてみるのもありです。 2.活躍できる分野・職業 どういった仕事で自分の能力や適性が活かせるのか考えてみましょう。そしてインターネットや企業説明会を活用しながら業界全体について幅広く調べていくと自分に向いている職業が見えてくるはずです。 3.具体的な転職先 自分に向いている分野や職業が見つかったら具体的な転職先について考えてみましょう。自分の興味だけで選ぶのではなく、仕事内容や労働条件、採用状況などから自分の力を発揮できそうな転職先を考えることが大切です。 4.自分の強みやアピールポイント 採用されるためには自分の得意分野や貢献できることをアピールする必要があります。転職を希望している業界や会社で自分が他の人より優れているところを考えておきましょう。逆に足りない能力を把握して弱みを補う努力も必要となってきます。