転職は面接を制する者が採用を勝ち取る

転職活動するうえで切っても切れないのが面接です。これはどの会社でも確実に行われます。就職活動でも面接の機会はあると思いますが転職活動では採用の合否が面接で決まると言っても過言ではありません。新卒としての就職活動の場合、多少社会人として甘い部分があったとしても熱意や明るさなどを示せればそちらを見てもらえ採用してもらえることもあるでしょう。しかし、転職ではそうは行きません。常に社会人として扱われ、ビジネスマナーができていて当たり前と考えられます。転職は決して甘くはありません。しかし、大きなチャンスがあるかもしれないのも事実です。ここで面接時の対応等を理解し転職活動に生かしましょう。

面接時の最低限のマナー

ホテルや金融機関などでは、過剰なまでに行き届いたマナーが必要になってきますが、基本的な会社では、必要最低限のマナーさえ守られていれば悪印象を与える可能性はほぼありません。具体的にはどんなものか。面接前にすべきことは、会社到着前にスマートフォンなどの電源を切る。会社の受付に10分前にはいることです。面接時は既に面接官が部屋で待機している場合と先に入室し待つ場合とがあります。どちらの場合でもやってもらいたいのは、あいさつと荷物を足元へと置くことです。細かなところですが逐一観察されるのが面接ですのでその心意気で。面接終了後は、すぐに「ありがとうございました」の言葉とお辞儀を。中には、エレベーターや入口まで見送ってもらえる場合もあります。その場合は再度お礼を述べましょう。会社から出た後も見られることもあるので気を抜かずにしましょう。これは、本当に最低限のことですので、必ずしてください。一つでもできなければ採用はないものと考えてください。

重要な自己紹介

最低限のことができていてもアピールできなければ採用は厳しいです。そこで大事になってくるのが自己紹介です。多くの人は志望動機や自己PRなどを重点的に準備します。ですが相手は人間です。いくらいい志望動機だとしても最初の印象が良くなければ内容を100%聞き入れてはもらえません。だからこそ自己紹介は重要なのです。ここで気を付けるべきは、あくまで簡潔にまとめることです。長々と話すと面接官の方はどこを見て欲しいのかの判断がしにくくなるためです。

まとめ

最低限のマナー・自己紹介の構成をして臨みましょう。面接を受ける日は、常に見られていると思いながら行動するのがいいかもしれません。