転職の事前準備

転職をする際に何も考えず行き当たりばったりで、今の職場を退職し転職してしまうと後からその職場の盲点などに気づいてしまい、自分のリサーチ不足や知識不足に後悔してしまうこともあります。そこでそうならない為にも今回は、転職前に準備しておきたいことについて話していきたいと思います。

資格を取得しておく

転職先候補を品定めしていると、その仕事の経験者やその仕事に必要な資格取得者を募集していることがあります。その際に資格を持っていないとそれだけでその会社への応募資格も無くなってしまいます。それなので転職先候補の募集要項をチェックしてその業界で必要な資格を事前に取得しておきましょう。また現在ある知識やスキルを生かして取得できそうな資格も取得しておきましょう。

資格を持っていることにマイナス面はありませんし、資格を多く持っていると職業選択の幅が広がります。

人脈を途切れさせないようにしておく

今まで築き上げてきた人脈を転職することによって途切れさせないようにしておきましょう。同業者やそれに近い職業に転職した時に、今まで気づき上げてきた人脈を使い仕事を進めていく可能性もありますし、なにより一から人脈を形成していくのには大変時間がかかることや取引先や仕事していく中で、再び接点が生まれることもあるので、転職するからといって人脈を切ってしまうのではなく繋いでおきましょう。

仕事をしていく上で、人脈は今まで築き上げてきた武器となります。

事前に転職先候補の下調べをしておく

転職をする際に色々調べていても結局、働いてみないと分からないことが沢山あるのは事実です。しかし何もしないで運任せかのように転職してしまうより、その業界全体の経済状況からホームページやネットを使って転職先候補の情報を調べることや、実際に転職先候補の会社の近くまで足を運び、どういうふうな人の流れがあるのか、どんな感じで仕事のサイクルが回っているのかなどを調べ、転職先候補がどういう職場なのかを把握しておくと転職した後、後悔する可能性を少なくできます。

まとめ

今まで色々話してきましたが転職をする際には、様々な事前準備が必要となってきます。転職先候補を一つ選ぶにしても、事前に様々な方法でリサーチしてその会社のことを詳しく調べていく必要があります。その中で自分が転職した先で活躍していく為にも事前にその仕事に必要な資格取得や勉強をしておくことや、人脈形成をしっかりしておいて転職先で生かせるようにしておく必要があります。