地方から首都圏に転職する方法

転職活動をする中で、地方で働いていた人が思い切って首都圏で働きたいと考えるとします。地元を離れることで、気分一新という気持ちもあり、自分のやりたい仕事が首都圏にあり、そのために思い切った転職活動を行うことは良いものであると思います。しかし、思い切って転職をしたものの、こんなはずではなかった。というケースも実はあるのです。何故、念願の首都圏エリアに転職したにも関わらず、大変な思いをしてしまうのでしょうか。 今回は、今働いているエリアを変えて転職活動をする人が見落としてしまいそうなことは一体どういうものがあるのかを考えていきましょう。

気をつけるべきこと

エリアを変える際には、いくつかのポイントについて気をつけなければなりません。 このポイントを見落としてしまうと、転職後にその問題が発生する可能性があるのです。 それでは、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。 (1)転勤が0なのかどうか 大手企業の総合職の場合、首都圏に本社があっても地方に転勤する可能性があります。そのため、本当に自分の応募する企業は転勤が無いのかどうかを把握しておく必要があります。募集要項にはそのようなことが触れていなくても、転職後数年してから転勤を言い渡される可能性もあります。そうなってしまってはあなたの希望は違うことになってしまいます。そのため、転勤が本当に無いのかを把握しておく必要があるのです。首都圏にしか拠点がない企業をあえて選ぶことも大切なのかもしれません。 (2)生活環境が劇的に変化しないか。 もし、地方にいるあなたが結婚をしている場合は、家庭内で真剣に話し合う必要があります。子供がいるとするならば、あなたの転職で子供にも影響が出てきてしまうからです。そのため、生活環境が劇的に変化するような環境下にいるのであれば、この点をしっかりしておかないといけません。転職するとどのようになる可能性が高いのか想像しておくことも大切です。 (3)社内転職が出来るなら、そちらも視野に入れる 地方の人の中には、首都圏にも拠点がある企業で働いている人もいるかもしれません。もし、目的が首都圏で働きたいということであるならば、社内転職も選択肢の1つに考えられます。大切なのは、あなたが首都圏で働く場合何を重きにおいて考えているかということなのです。

まとめ

以上のように、転職エリアを地方から首都圏にすると考えている人は細かいポイントを再確認しておく必要があります。転職後にこんなはずではなかった。ということを防ぐためにも、他のエリアで自分が働くことによってどんなことが生じてしまうのか。想像することが大切なのです。