退職させてくれない会社と戦う

転職活動を終えて、自分にとって良い転職先になるであろうという会社を見つけたら行うことは、今いる会社での引き継ぎや退職に向けての様々な活動です。多くの会社では普通にこのような引き継ぎ作業を行うことが出来るのですが、ごく一部には、会社側が嫌がらせのようにしてくる場合があるのです。退職したくても退職させてもらえない会社が多くあるのをご存知でしょうか。どうして、彼らは退職したくても出来ないのでしょうか。このような会社に入ってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。転職している人が遭遇するかもしれないトラブルの解決方法について考えていきましょう。

退職させない会社の手口

退職させてくれない会社は、どのような手口であなたの退職を妨害してくるのでしょうか。 相手が何をしてくるのかを理解しておくことも大切です。 (1)退職届を提出後、嫌がらせをする 退職届を提出した後、上司が会社の裏切り者として冷たい対応をしてくる場合があります。 このような場合は、好きに言わせて放っておくことが大切です。あなたを精神的に追い込んで退職することを思いとどませる場合がありますが、会社にいたとしても良い方向に動いていく場合がありません。この場合は純粋にあなたに対する嫌がらせを行いたいだけなので、無視が一番なのです。 (2)退職届を勝手に破棄してくる 退職届を提出しても、勝手に破棄をしているケースも考えられます。このケースでは転職先で働き始めてから文句を言ってくる可能性があります。このような場合にされないように、証拠となるものを揃えておくことも大切です。このようなケースはごく稀な会社ではあるものの、無いとは言い切れません。 (1)誓約書に、違約金の規約が書かれている。 会社の中には、退職した際に違約金を払ってほしいと伝えてくる場合があります。このケースでは、入社する際に、様々な条件の中の1項目として違約金の話が載っているはずです。違約金発生しない条件はどのような場合なのかを理解した上で退職手続きを行うことが大切です。また、このようなトラブルを防ぐためにも入社する時に交わす書類には注意をしておきましょう。

困ったら労働基準監督署に相談

あなた1人でどうにもならない場合は、労働基準監督署に相談することも1つの手段といえます。何も卑怯な方法ではありませんので、どうしても退職させてくれない場合はこのような手段を取ることも大切なのです。

まとめ

会社の中には、このようなひどい仕打ちを行ってくる会社もあります。このような会社にいたということが分かっただけでも良いことだ と捉えて次の転職先を探すことが大切なのです。辞めることが出来ない会社は無いので、最善の方法を探してみましょう。