内定辞退の際に、気をつけること

転職活動を進めていくうちに、複数の企業から内定をもらっていたとします。 競争が厳しい中で複数企業から内定をもらうということは大変名誉なことであると言えるのではないでしょうか。あなたという人が複数の企業から認められているということは名誉あることであると言えるのです。しかし、内定を複数もらったとはいえ働くことが出来る企業は1社のみということを忘れてはいけません。実際にこのように内定を複数もらった場合は、どのように断るべきなのでしょうか。そこにはきちんとした断り方があります。この断り方をしっかり学んでおかないと痛い目にあってしまうのです。 今回は、内定を断る方法について考えていきましょう。

内定を辞退する際のマナー

内定を辞退する際にも最低限のマナーはあります。このマナーをしっかり守っておかないと後ほど痛い目に合ってしまうのです。そのマナーというものは、相手企業のことを考えた断り方をするということです。例えば、あなたが内定を出してきた企業に入社すると答えたとします。しかし、複数企業のうちで別の会社の方が自分にとって良いかもしれないと後ほど気づいた場合、突然キャンセルをしてしまったら、相手企業が良い反応を示すとは思えません。あなたが入社をするということで、会社はあなたをどの部署に配置して、どんなプランで活躍をしてもらうかを検討していたはずです。それにも関わらず、突然辞退してしまうとなると、会社側の計画を無視したことになってしまうのです。 身勝手な決断をしてしまうと相手企業に影響を与えることをしっかりと理解した方が良いことが大切なのです。

相手に正直な気持ちを伝える

では、複数の企業から内定をもらっている場合はどのようにすれば良いのでしょうか。 内定をもらった場合、結論が出る時期を明確に伝えておくことが大切です。即決で決めるということではなく、今の自分の状況を考えるとこれくらいの時期に答えを出せるということを始めから伝えておくことで印象がガラリと変わるのです。

まとめ

内定先を複数もらうことは、あなたの活躍が認められという証拠でもあります。 しかし、活躍が認められたからといって企業側のことを考えていないと痛い目にあってしまうのも事実です。そのため、複数企業から内定をもらった場合は、きちんと自分の今の状況を素直に伝えて今後どのような展開になるのかということをしっかり伝えておくことが大切です。内定をくれた企業にたいして敬意を表することが大切です。