お嫁になる確率が高い!?男性に好まれる職業

職業で結婚ができる女性か判断するかという質問を世の男性に聞いてみました。 女性であれば職種で結構見ているケースも少なくはないと思いますが 果たして男性はどんなもんなんでしょう~か? 結果は6割NO!とのことでした。 な~んだ、じゃあ容姿?内面?どこをアピールしたらいいの? ちょっと待ってください、お姉さん。 NO!といったのは、6割ですが、残りの4割は考えている・・・!ということですよ。 これが、2割、1割ならまだしも4割はだいぶ多い比率です。 でも職業で判断なんて、こっちのせりふよ!という時代は終わったのです。 共働き。が当たり前になった時代の中、働いている仕事も大事ということですね。 そこで今回は、どんな職業の方が結婚に向いているのか、その4割の男性に聞いたことをご紹介いたします。 といいつつも、いつも紹介されても、フライトアテンダントとか看護師とか弁護士とかじゃん!!安心してください! どんな観点で男性が見ているかのアドバイスをご紹介するだけです!

資格が必要な職業

これは美容師~医者、弁護士など該当するものは多くあるかと思います。 ただ、資格が無ければいけないのか!というわけではありません。 資格を求める=生活(出産、育児)などを考え、共働きできる環境が整っていると安心できるということです。 極端、免許や資格なんて無くても、人のつながりなどがあれば、仕事に復帰することはできますし、転職活動も難しくはありません。 実際に、こんな内容も耳にしましたので、ご紹介いたします。

免許、資格ではなく、仕事に誇りを持っている人。

仕事に誇りを持っている人とだけ聞くと、ど-しても気の強いザ・キャリア・ウーマン的な イメージされるかと思いますが、そうではなく 責任感があり、仕事を楽しいと感じている人のことを指します。 例えば、欧米言語やそれ以外のの翻訳や通訳、会話ができたり、 PCスキルをある程度身に着けていたり 人とのコミュニケーションができたり、などなど・・・。 恐らく男性としても無理に共働きをしてほしくない。という気持ちや 一緒に働いて、ともに過ごしていく中で互いの情報を共有することを求めているのかもしれません。 あと実力が伴っていて、自分に自信を持っている人はいくつになってもキレイなものです。 いかがでしょうか?? あくまで参考程度にみてもらえるといいのですが、意外と男性もうわべだけでなく考えているんだなぁ~っと。 ただ、職業もですが、一番大切なのは中身ですよね!