失敗しない職場復帰

女性の中では、結婚した後に働き方が大きく変化するという人が多いのではないでしょうか。そのまま仕事を続ける人、出産を通して会社を辞めてしまう人、出産後落ち着いてから思い切って他の会社に転職する人など様々ではないでしょうか。 結婚前に仕事アリの女性を100%としたとき、第一子を出産した後に就業を継続している女性を調べてみると、32.81%。ちなみに育児休業の取得率は全体の76.3%なので、出産を機に仕事を辞めてしまう人が半数以上いるということになります。では、何故彼女たちは職場に復帰することが難しかったのでしょうか。

出産前にやっておけばよかったこと 

出産・育休後に仕事復帰したママたちはどのようなことを出産前にやっておけばよかったと後悔しているのでしょうか? 最も多かったのが、「出産・育休後に仕事復帰していないこと」  実は仕事を何故辞めてしまったのか。と後悔している人が多いということなのです。実はこれには理由があって、正社員のままでいれば、保育園にいれやすかったのに。と後悔している人や、「子供がいることで正社員になりにくくなった」と転職活動で壁にぶつかってしまった人もいるようです。このように、育休取得した後に辞めてしまうということではなく、そのまま仕事を継続していればよかったなと後悔している人が少なくはないようです。

職場復帰をして後悔しないための工夫 

正社員になっていれば良かったと思う人がいる一方で、育休後に就職活動をして転職したママも少なくありません。そんな彼女たちが後悔しないために工夫したことはなんだったのでしょうか。「もう少し落ち着いてから就職活動をすれば良かった」「残業について会社側と話し合えばよかった」「保育園を早くから探しておくべきだった」と意見がありました。 仕事に復帰するには早いなと感じる人が多いようですね。また、同じ会社に職場復帰した人の中には、「同じ部署で働きたいという強い意志を伝えるべきだった」と働き方についてきちんと話合わなかったことに後悔している人もいるようです。このように、後で振り返ってみると後悔してしまったことは少なくありません。 後悔のないように、その場その場の行動ではなくよく考えて行動することが後悔しないための秘訣  ではないでしょうか。これから育児休暇を取得しようとしている人は、この先どのように仕事と向き合っていくのが良いのか一度考えてみるのも良いかもしれませんね。人によっては転職した方が正解という人もいるもしれません。