女性の転職

給料安くてもいいから、幸せなブータンみたいな国に住みたい!

ブータンといえば、国民総生産ならぬ、国民総幸福量という指標を国が掲げていて、97%ほどが皆幸せに感じていると、話題を呼びました。自殺数少なく、日本は年間3万人ほどと考えると、総人口の差はありますが信じられないほど、皆幸せにくらしているのだなと思ってしまいます。実際に自殺している人がいて、国が公表していないだけかもしれないですが、幸せな国に住みたいですよね。

続きを読む

失敗しない職場復帰

女性の中では、結婚した後に働き方が大きく変化するという人が多いのではないでしょうか。そのまま仕事を続ける人、出産を通して会社を辞めてしまう人、出産後落ち着いてから思い切って他の会社に転職する人など様々ではないでしょうか。 結婚前に仕事アリの女性を100%としたとき、第一子を出産した後に就業を継続している女性を調べてみると、32.81%。ちなみに育児休業の取得率は全体の76.3%なので、出産を機に仕事を辞めてしまう人が半数以上いるということになります。では、何故彼女たちは職場に復帰することが難しかったのでしょうか。

続きを読む

声優としいう仕事

声が特徴的で、他の人にはない声をしている人はもしかしたら今まで、「あなた、こんなところにいないで、声優にでもなったらどう?」と言われたことがあるかもしれません。しかし、声優と聞くと最近は声だけではなく、ルックスもよくないと声優としては活動することは難しい。と思う人もいるのではないでしょうか。 実は声優として活動することと、ルックスが良いということは関係ないのです。  今回は、声優というお仕事はどのようなものであり、どのように仕事として成立をしているのかを紹介しましょう。

続きを読む

育休・産休後に、ブランクを感じた瞬間。

出産、子育てで長い間仕事から離れていたワーキングマザーは数多くいます。そんな人たちが、ある程度落ち着いて仕事に復帰した時、「あれ?これはブランクだ」と思う機会はあるのです。ママの本音からトレンドを発信する「ママこえ」が行った調査によると、【産休・育休を経て会社に復帰して、自分のブランクを痛感したことがありますか?】という調査を行ったところ、ブランクを感じたという人が64.2%にのぼりました。この調査を見る限りだと、 多くの育休・産休を経た女性達が、ブランクを感じる瞬間がある ということになります。ブランク明けのワーキングマザーは、どのような時にブランクを感じるのでしょうか。

続きを読む

退職させてくれない会社と戦う

転職活動を終えて、自分にとって良い転職先になるであろうという会社を見つけたら行うことは、今いる会社での引き継ぎや退職に向けての様々な活動です。多くの会社では普通にこのような引き継ぎ作業を行うことが出来るのですが、ごく一部には、会社側が嫌がらせのようにしてくる場合があるのです。退職したくても退職させてもらえない会社が多くあるのをご存知でしょうか。どうして、彼らは退職したくても出来ないのでしょうか。このような会社に入ってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。転職している人が遭遇するかもしれないトラブルの解決方法について考えていきましょう。

続きを読む

ダンサーという仕事

アーティストのライブに欠かせない存在でもある、ダンサー。ノリノリの曲の最中に激しい踊りで観客を沸かしてくれます。また最近では、趣味でダンスをやっている人も多くはありません。仕事のストレスを発散してダンスに打ち込む人もいるのではないでしょうか。そんな中で「いっそのことなら、ダンサーにでも転職しようかな。」と思っている人もいるかもしれません。 ダンサーは一体どれくらい給料をもらって、どのような仕事のスケジュールなのか考えたことありますか?  今回は、ダンサーに注目をしてその仕事の様子を紹介していきましょう。

続きを読む

主婦インターンシップのすすめ。

女性が働く上で最大の問題なのは、結婚、出産などの関係で会社を辞めて、その後ある程度落ち着いたときに働こうと思っていても働く環境が限られていることではないでしょうか。ベストなのは、辞めなくても育児休暇などを駆使してなんとか職場に復帰することが理想としていますが、そうはいかないのが、このご時世。そんな中でも、 主婦インターンシップ  という制度をご存知でしょうか?これは、そんな悩んでいる女性にとっては、嬉しいお話なのです。

続きを読む

女性に優しい企業の探し方

結婚しても、育児も両立してできる企業が理想だと、女性は常に考えるものではないでしょうか。しかし、ひとえに女性にとって優しい企業といっても、様々です。 明確な基準があれば、もう少しなんとかなるものなのに  なんて思っている人もいるのではないでしょうか。安心してください。そんな人達のために、女性にとって優しい企業かどうかを判断する基準というものは存在しているのです。今回は、女性にとって優しい企業を探す上でのコツをご紹介しましょう。

続きを読む

お嫁になる確率が高い!?男性に好まれる職業

職業で結婚ができる女性か判断するかという質問を世の男性に聞いてみました。 女性であれば職種で結構見ているケースも少なくはないと思いますが 果たして男性はどんなもんなんでしょう~か? 結果は6割NO!とのことでした。 な~んだ、じゃあ容姿?内面?どこをアピールしたらいいの? ちょっと待ってください、お姉さん。 NO!といったのは、6割ですが、残りの4割は考えている・・・!ということですよ。 これが、2割、1割ならまだしも4割はだいぶ多い比率です。 でも職業で判断なんて、こっちのせりふよ!という時代は終わったのです。 共働き。が当たり前になった時代の中、働いている仕事も大事ということですね。 そこで今回は、どんな職業の方が結婚に向いているのか、その4割の男性に聞いたことをご紹介いたします。 といいつつも、いつも紹介されても、フライトアテンダントとか看護師とか弁護士とかじゃん!!安心してください! どんな観点で男性が見ているかのアドバイスをご紹介するだけです!

続きを読む