管理栄養士の免許を活用する仕事はどのようなもの

管理栄養士の免許を活用する仕事はどのようなものがあるのでしょうか?

主な管理栄養士の仕事

主な管理栄養士の仕事について見ていきましょう。いろいろなところで栄養士・管理栄養士は仕事をしています。その仕事内容は職場によって非常に違っています。病院や社員食堂、学校、福祉施設などで仕事をする栄養士・管理栄養士が多くいます。

栄養指導・栄養教育の場

需要がこれから高まってくると思われる栄養指導・栄養教育の場としては、高齢化のために在宅訪問や高齢者のための施設での指導があります。さらに現在は、生活習慣病の問題があり、特定保健指導やフィットネス施設など、一般の人々へ拡大してきています。また、資格のNRなどを取得することによって、活躍するところとして新しい商品の開発なども需要が増加してくることが想定されます。

管理栄養士の活躍の場がますます広がる

最近は、他の業種が管理栄養士の職種にも入ってきています。どのようなものでも現在はマニュアルがあります。このような時代に対応するためには、管理栄養士はこれからコミュニケーションを他の職種ともとって、それぞれの個性やスキルを重要視して、専門性をそれぞれの分野でアップし、同僚、部下、上司が自分の技能をお互いにオープンにして、スキルアップをお互いに図っていくことが大切になるでしょう。こうすることによって、管理栄養士が持っている技能や知識は今以上に評価されて、活躍の場がますます広がるでしょう。

病院における栄養指導

管理栄養士が仕事をするところはいろいろありますが、ここでは病院における栄養指導についてご紹介しましょう。病院で仕事をする栄養士・管理栄養士は、常に医学知識の最新のものが必要であり、そのために毎日勉強をする必要があります。法律が改正されたため、病院での栄養指導は管理栄養士がする必要があります。そのため、病院によっては、管理栄養士が栄養指導を、栄養士が食事内容の管理を行っているところもあります。病棟での栄養指導は栄養士でもできるため、患者への特別食の説明や、病状によって食事が摂れない患者の観察、食事に関しての不満などを、管理栄養士と一緒に確認するような仕事を行っています。 外来の患者に栄養指導をする場合は、数回に渡って問題点を食事療法が要る患者に患者の食事記録や検査データを基に指摘し、メニューや調理法の具体的なものを指導することで、自宅で食事管理ができるようにします。