育児と両立しやすい職場とは?

まず、なぜ育児と仕事の両立は難しいと言われるのでしょうか。 ・職場が遠い ・勤務時間が合わない 勤務先の問題が主であると言えます。 このような問題の解決にはどのような対策が必要なのでしょうか。 以上の問題点と踏まえた上で育児と仕事の両立に必要な制度というものを見てみましょう。

制度の充実

育児と仕事の両立に欠かせないものはまず、その職場の制度の充実です。 具体的には、 ・産前・産後休暇制度 ・育児休業制度 ・育児休業給付 ・短時間勤務制度 ・所定外労働の免除 ・時間外労働の制限 ・子どもの看護休暇 このような制度が充実しているかどうか、が育児と仕事が両立しやすい職場であるかどうかの目安になると言えるでしょう。

気をつけなくてはいけないポイント

制度の充実した職場は確かに育児と仕事の両立がしやすそうですが、制度が充実していても必ずしも十分に利用されているというわけではありません。 例え制度が充実していなくてもケースバイケースで柔軟な対応ができる職場こそが育児と仕事の両立に適した職場と言えるのではないでしょうか。

育児と仕事の両立がしやすい職業とは?

制度の充実、柔軟な対応、というポイントを踏まえた上でさらに以下の条件が揃った職場は、とても人気があります。 ・シフトの融通が効く ・主婦率が高く、サポートしあえる空気がある 子どもの急病など、休まなくてはいけないときがあることを考えた場合、シフトの融通は最優先事項と言えるでしょう。 また、主婦率の高さは助け合えることができる職場の雰囲気を作り、会社側の理解もあるため、働きやすいということが言えます。 具体的には、 ・レストラン・カフェ→シフトの融通が効き、短時間でも働ける。主婦率が高く、子どもの相談や助け合いがしやすい環境。 ・軽作業・製造スタッフ→シフトの融通が効きやすく、短期募集のものもある。 ・一般事務・受付→座りながらできる仕事の為、体力に自信のない人でも働くことができる。 ・コールセンター→短時間からでも始められ、体力的に無理なく働ける。 ・スーパー・百貨店の販売員→勤務人数が多く、主婦率が高い為、お互い助け合いながら働くことができる環境。 といった職場を挙げることができます。

周囲の協力あってこその育児と仕事の両立

前述のように育児と仕事の両立には周囲の協力が必ず必要です。 そんな環境で働けることが両立への近道と言えるでしょう。