ダンサーという仕事

アーティストのライブに欠かせない存在でもある、ダンサー。ノリノリの曲の最中に激しい踊りで観客を沸かしてくれます。また最近では、趣味でダンスをやっている人も多くはありません。仕事のストレスを発散してダンスに打ち込む人もいるのではないでしょうか。そんな中で「いっそのことなら、ダンサーにでも転職しようかな。」と思っている人もいるかもしれません。 ダンサーは一体どれくらい給料をもらって、どのような仕事のスケジュールなのか考えたことありますか?  今回は、ダンサーに注目をしてその仕事の様子を紹介していきましょう。

ダンサーは、芸能人などと同じ! 

ダンサーは、芸能人と変わりない給料形態です。「バックダンサーの場合は、1ステージにつき何円」というのが基本的なルールです。事務所や劇団に所属する人もいれば、フリーで活動する人など、その人によって様々。とはいえ、パフォーマンスでお金をもらう仕事なので、最初のうちはどんなに大きなステージに立てたとしても、数万円というシビアな世界です。もちろん、大物アーティストのバックダンサーであれば、あるギャラも多く支払われるので期待できるかもしれませんが、多くが少ないギャラでパフォーマンスをする人が多いのです。  多くの人がダンスだけでは活躍できるわけではない。という状況なのです。 

ダンス講師やインストラクターの掛け持ちも 

世界的なダンサーになれば、1ステージで破格のギャラが払われるのが当たり前ですが、それ以外の人は、ライブだけで生計を立てることが出来るわけではありません。多くの人は、生計を立てるために、確実に収入が来る仕事と掛け持ちをしているのです。それは、ダンス教室の講師や、インストラクターです。大物アーティストのライブ出演経験があれば、それだけでもインストラクターとしては人気になります。相場は、1レッスンあたり3000から5000円は見込めるので、ある程度決まった収入が期待出来ます。しかし、このように、ダンサーは、売れっ子にならない限りかなりシビアな状況には変わりありません。

うまくいけば、有名アイドルの振付なども 

シビアな世界な一方で、うまく階段を登ることができれば、有名アイドルの振付などの仕事も舞い込んできます。そうなれば、一生困ることはないでしょう。とはいえ、ダンスで食べていくことも、シビアな世界なことは変わりありません。それでも、今の現状に満足出来ず、好きなことで食べていきたいという強い気持ちがあれば、挑戦しても良いのではないでしょうか。