転職に失敗しないために、いい会社を見極める10のポイント

転職に失敗しないために、いい会社を見極める10のポイントについてご紹介しましょう。

営業収益

どのくらい営業収益があるかがポイントです。営業収益というのは、経費を売上総利益から差し引いたものです。過去の3期分程度の推移は確認しておきましょう。ベストなのは、順調に毎年伸びていることです。 上場企業の場合には総資本利益率がポイントです。企業の投下した総資産が、どれだけ利益を獲得するために利用されているかの数値です。業界平均より高ければ、高い収益性であると判断できます。

売上

売上高のここ数年の推移がポイントです。資金が調達しやすいかどうかが、売上高の推移から分かります。同じ業界のトップ企業やライバル企業とも比べてみましょう。 売上をアップするたに投資を過剰に行っていないかがポイントです。規模を拡大するために借金が非常に多くなっている企業もあるため注意しましょう。

事業姿勢

どのような理由で業績が伸びているかがポイントです。しっかり顧客特性や市場環境を分析している会社であれば、ターゲットはどのような顧客で、サービス・商品はどのようなものを提供しているためというようなことが明確になっています。 しっかりと企業として理念を持っているかがポイントです。特に会社を設立して間もない場合は、会社運営に経営者の理念が非常に影響します。設立目的や会社理念、社長の経歴・人物像に関しては、会社のホームページで紹介している場合が多いため事前に確認しておくといいでしょう。

組織運営

上手く運営における障害対策と組織の強化が図られているかを判断することがポイントです。具体的には、運営を継続的に行うために組織運営が自立できるようになっているか、事業をスムーズに推進するために理解を周りの関係者に得ているか、ということを確認しましょう。

新サービスや新商品の開発

会社の成長性を判断する場合には、新サービスや新商品の開発に関して、どの程度意欲的かがポイントです。

取引先

主な取引先を確認するがポイントです。業界でトップクラスの会社が取引先であれば、全く申し分ありません。 取引先がいくつもの業種にまたがっているかがポイントです。例えば、電子部品を造っている会社の場合、自動車メーカー、装置メーカー、家電メ-カーなど、いくつもの業界と取引をしているのであれば、優れた会社である場合が多いでしょう。